FulmoをRedmineで使用する

redmine.png

Remine環境で利用するためには、当社が開発した「redmine_fulmo_helper」をインストールする必要があります。これは、Redmine環境でfulmoを利用するためのAPI機能をRedmineに提供します。

Redmine Plugin(redmine_fulmo_helper)を提供しています

Redmine では REST API によりチケット操作が行えるようになっていますが、実際のところチケット作成を行うために必要な各カスタムフィールドの情報などを取り出す API が Redmine 1.4/2.0 に備わっていません。ですので、fulmo からチケット作成に必要な機能を追加する Redmine 用プラグインを実装しています。

https://github.com/opengroove/redmine_fulmo_helper

Redmine Plugin(redmine_fulmo_helper) 

fulmo から Redmine に対してチケット作成を行う場合には、この redmine_fulmo_helper プラグインを導入します。

作業手順

Redmine で REST API を有効にする

まずはRedmine側でREST APIを有効にする必要があります。

  1. Redmineに管理者IDでログインします。
  2. 管理画面から設定を選択します。

    REST API を有効にする

  3. [認証]タブを開き、[REST による Web サービスを有効にする] にチェックを入れます。

    REST API を有効にする

Redmine Plugin(redmine_fulmo_helper)のインストール方法

Redmine のバージョンによってインストール方法が異なります。(ソースは同じです。)

Redmine 1.4.x の場合

以下のコマンドを実行しプラグインをインストールします。$REDMINE_ROOT は実際の Redmine を展開しているディレクトリに読み替えてください。

また、インストールには git コマンドを使用しますので、git をインストールされていない場合には https://github.com/opengroove/redmine_fulmo_helper/zipball/master からダウンロードできる zip ファイルでインストールを行なってください。

Redmine 2.0.x の場合

Redmine の Web サーバーを再起動

無事にインストールできた場合には、プラグインページで以下のように表示されているかと思います。

Redmine Plugin(redmine_fulmo_helper)

redmine_fulmo_helper プラグインのインストールはこれで完了です。

fulmo をインストールする

詳しくは各ブラウザ毎のマニュアルをご確認下さい。

chrome版fulmoの導入 firefox版fulmoの導入

fulmo の初期設定

  1. fulmoインストール後にfulmo設定画面を開きます。

    redmine5.png

  2. RedmineのURLをコピーします。

    RedmineのURL

    • URLはプロジェクトのTOPページから取得します。
  3. 例)http://akihabara.opengroove.local:8000/redmine/projects/test

    • サーバ名:akihabara.opengroove.local
    • プロジェクト名:test
  4. APIキーを取得する。
    • fulmoのログインIDとなるAPIキーを取得します。
      • ①Redmineの個人設定画面を開きます。
      • ②APIアクセスキーを取得します。

    API.png

  5. 新規サイトから各種設定を入力します。

    Firefoxの設定画面

    • 画像はFirefoxの設定画面です。(設定内容はChromeも同様となります)

      名前

      登録するサイト名を入力します。

      URL

      2の手順でコピーしたURLを入力します。

      サイト種別

      Redmineを選択します。

      認証方法

      「HTTP認証」を選択します。

      ID

      3の手順で取得したAPIアクセスキーを入力します。

      パスワード

      パスワードは空には出来ないため適当な文字を設定します。

  6. 「接続テスト」ボタンを押下し以下の成功画面が出れば設定完了です。
    • redmine6.png

  7. FulmoからRedmineのチケットが作成出来ます。

    Redmineのチケット作成

    Redmineのチケット作成

こちらへ.pngより詳しい使い方はfulmoの使用方法をご覧下さい。


リンク

redmine設定方法 (last edited 2012-07-04 07:27:14 by hayashida)