trac.ini の設定 [ticket]

tracpathではtrac.iniの設定は全て管理コンソールから行う事が出来ます。 管理コンソールの操作は管理者ユーザのみが行えます。

ticket.png

ここではチケットのデフォルト設定を指定する事が出来ます。毎回同じ内容になる部分はtrac.ini の [ticket]ページであらかじめ設定しておくとチケット入力がよりスムーズになります。

ticket_ini.png

commit_ticket_update_check_perms

対象のチケットに対して要求している操作を行う権限が更新者にあるかをチェックします。 これには Trac とリポジトリとの操作でユーザ名が同じ必要があります。

commit_ticket_update_commands.close

チケットをクローズするコマンドを空白区切りで指定します。

commit_ticket_update_commands.refs

参照を追加するコマンドを空白区切りで指定します。 特別な値である <ALL> を設定した場合、メッセージ中のすべてのチケットに参照を追加します。

commit_ticket_update_envelope

指定した設定でメッセージ中のコマンドを囲うようします。 この設定は空、もしくは二文字でなければなりません。例えば "[]" を設定すると、コマンドは [closes #4] という形式となります。

commit_ticket_update_ignore_repositories

変更時にチケットを更新させないリポジトリの名前を設定します。 デフォルトリポジトリを指定する際には、空の名前の代わりに (default) を使うことができます。リポジトリは複数してすることが可能です。連動させたくないリポジトリ名をカンマ区切りで列挙すると、そのリポジトリに対するコミットとは連動しなくなります。

関連FAQ:Subversionのコミット時、コメント連動する機能と解除方法について

commit_ticket_update_ignore_repositories

commit_ticket_update_notify

チケット更新時にチケット変更通知を送信します。

default_cc

新規登録チケットにデフォルトで設定する関係者リスト。

default_description

新規登録チケットにデフォルトで設定する説明。

default_keywords

新規登録チケットにデフォルトで設定するキーワード。

default_owner

新規登録チケットにデフォルトで設定する担当者を指定。

default_summary

新規登録チケットにデフォルトで設定する概要 (タイトル)。


リンク

tracpath/admin/tracini/ticket (last edited 2018-08-03 08:51:32 by syoji)